ホッピーの子育て

2020.05.08

カテゴリースタッフより

緊急事態宣言の中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
わたしは毎日、おうちの子たちにパワーをもらっています。

実は今、個人的に保護した子猫ちゃんを一時的に預かっています。
この子猫の新しい家族も見つかり、5月末までお預かり予定です。

子猫がきた当初は体重も300g程度で、まだ乳飲み子でミルクを数時間おきにあげていたのですが、

今では体重は700g近くなり、何もかもが楽しいやんちゃ盛りです。

わが家には猫が2匹、犬が3匹いるのですが、
1匹の犬(ホッピー・♀・MIX犬)が子猫のお世話をしてくれています!
まだ離乳前は体温調整が大切なので、とっても助かりました。
それに、ホッピーのところでミルクをあげるととっても飲みっぷりがよかったです。

ホッピーが子猫のお世話をしてくれるなんて思ってもみなかったので、とっても嬉しくて温かい気持ちになりました。

もう1匹の犬(うに・♀・ビーグル)は子猫と遊びたくて仕方がない様子でした(笑)

今では子猫とうには一緒に仲良く遊べます。
子猫はすばしっこいので、うには翻弄されています。(笑)

わが家の猫2匹も子猫が気になるようで、
最近ようやく受け入れ始めました。(笑)

ホッピーは元野犬で保健所から引き取った大人の犬だった為、
人間が怖くて、家族になって5年経った今でもまだかなりの臆病さんですが、
ホッピーの深い愛情が見れて、とても嬉しく思います。

子猫がわが家にいるのはあと数週間ですが、
とても穏やかな幸せな時間をもらいました。

新しいおうちでも楽しく元気で幸せに暮らしてね。

事務 濱

<泉南動物病院では、迷子犬や野良猫の保護・お預かりはしておりません。>