診療案内

皮膚科・耳科

少し気になる皮膚・被毛や耳の悩みから、難治性皮膚疾患や耳疾患まで、日本獣医皮膚科学会 認定医の横井愼一が担当させていただいております。
また、ホームドクターから紹介された動物を当院にて診察する紹介外来診療も行っております。
セカンドオピニオンについても受け付けております。その際に他院での検査結果等がございましたら一緒にお持ちください。

外来時間は完全予約制で、初診は60分・再診は30分の時間を目安に丁寧に診察いたします。
はじめてご来院されるご家族はこちら(問診票)をご記入の上お越しいただければスムーズです。

院 長横井 愼一

対象動物 犬、猫
診療形態 完全予約制
診察時間 初診60分
再診30分(目安)
診察料金 初診4700円(登録料込み税別)
再診800円(税別)
なお、検査料金や治療代等は別途必要となります。

よく来院される症例

  • フレンチ・ブルドックの
    アトピー性皮膚炎・
    食物アレルギー
  • 柴犬の
    アトピー性皮膚炎
  • ポメラニアン、
    プードルの脱毛症
  • 猫の過敏性皮膚炎
    (猫のアレルギー性
    皮膚炎)
  • 犬、猫の慢性外耳炎
皮膚科症例はこちら

診察の流れ

  • 問診票に沿って気になる点を
    更に詳しく聞き取ります。
  • 皮膚科検査
    (感染の有無 寄生虫のチェック)、
    必要であれば血液検査を行います
  • 検査結果を基に診断を下し、
    ご家族と動物にとって
    最適な治療をご提案します。

動物とそのご家族に寄り添う
「ひとりで悩ませない皮膚科治療」

最近、来院される犬と猫の皮膚病の傾向として、圧倒的に犬のアトピー性皮膚炎、食物アレルギーが多いです。 数ヶ月から数年の長期間にわたり、改善が認められない慢性症例においては、その動物のご家族はたくさん悩み、ご自身で勉強され、サプリメントやシャンプー、食事療法など、たくさんの治療やケアをされている方も多くいらっしゃいます。
受診の際にはぜひ、食事内容を含めておうちでされている治療やケアをすべて教えてください。ひとりで悩むことをやめて、一緒に一つ一つの方法を吟味し、取捨選択していくことが正しい治療への近道と感じます。

ひとりひとり違うから…
「オーダーメイド治療」

診断名が同じでも、動物の種類、年齢、性格、食事の嗜好性は異なります。また、その動物のご家族の家族構成やお仕事の忙しさも違います。これらの要素が、同じ病気でも治療法が全く異なる理由です。
“ご家族ができること・できないこと” “動物がいやがること・いやがらないこと”等をお聞かせください。
私達はその動物に正確な診断を下したうえで、ご家族の悩みをよく聴き、その動物とご家族に最適な内服薬、外用薬及びスキンケアを選びながら治療を行っていきたいと考えています。

動物看護師、トリマーと行う
「皮膚科のチーム医療」

当院では獣医師だけではなく、看護師、トリマーがチームとなって、皮膚科の症例に携わります。細菌や真菌など感染が原因となっている犬の皮膚病は、内服薬の投与だけでなく、薬用シャンプーなどの外用療法(薬浴)が欠かせません。また、アトピー性皮膚炎などの慢性的な犬の皮膚病をより良く維持するためには、皮膚のバリア機能を維持するためのシャンプーや保湿などのスキンケアが重要です。そのため皮膚病の種類、症状の程度、皮脂の状態、季節や年齢で選択するシャンプーの種類からシャンプーの方法まで全く異なります。
薬浴は、シャンプーやクレンジングだけでなく、炭酸泉やマイクロバブルなどを用いて、そのワンちゃんの皮膚病にとって最適な組み合わせで皮膚、被毛をベストな状態に近づけます。その時々の皮膚の状態を見極め、最適なスキンケアをすることが、皮膚病の治療や再発防止には重要なのです。
皮膚病とまではいかないけど、肌がベタベタする、毛に艶がない、耳がくさいなどの被毛や肌トラブル、デイリーケアでお悩みの方も、お気軽におたずね下さい。
※猫のシャンプー・薬浴はお受けしておりません。

目指すゴールは
「動物とそのご家族の笑顔」

皮膚科に初めて来院されるご家族は、大変暗い顔をして診察室に入って来られます。夜中に痒がる動物の足を止めるために起きたり、散歩中にたくさんの人に心配されたりするのに疲れ果て、もうこの病気は治らないと諦めかけていたり、悩み疲れているのです。
動物たちも一日中体が痒い、耳が痛い、とイライラしてしまうのは人と同じ。皮膚病になる前は穏やかな性格な動物も、少しでも触ろうとすると、怒る子たちが多いです。
そんな子達でも、状態が良くなるにつれて、ご家族の笑顔が増え動物たちも少しずつ元の優しい顔になって、診察室に大喜びで入ってきてくれるようになります。
皮膚科診療をしていて、私達の一番のご褒美はそんな家族と動物の笑顔です。私達、皮膚科チームは、一人でも多くの皮膚病のご家族と動物たちの笑顔を取り戻すために日々研鑽を積んでいます。