ワクチン、フィラリア・ノミ・マダニ予防の必要性

【 ワクチン 】

動物たちの健康を脅かす『感染症』。 実際には、いつどこでその感染源に接するか分かりません。
ワンちゃんのうんちやおしっこ、ネコちゃんのよだれや鼻水、ネズミのおしっこに含まれるもの、あるいは空気にのってやってくるものもあります。 当院で扱っているワクチンは以下のものです。

  • 狂犬病ワクチン
  • レプトスピラ病ワクチン
  • 2種混合ワクチン(犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパー)
  • 5種混合ワクチン(2種混合+犬伝染性肝炎、犬伝染性喉頭気管炎、犬パラインフルエンザウイルス感染症)
  • 7種混合ワクチン(5種混合+犬レプトスピラ病)

  • 3種混合ワクチン
    (猫カリシウイルス感染症候群、猫ウイルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症)
  • 5種混合ワクチン
    (3種混合+猫のクラミジア病、猫白血病ウイルス感染症)
  • 猫エイズウイルスワクチン

これらの病気にかからないよう、もしくは万が一かかってしまっても重症にならないように、そして他の子にうつさないように、必ず予防接種をしましょう。 当院では1年に1回のワクチンを推奨しています(初年度のワクチンは複数回の接種になります)。

ワクチン

【 フィラリア 】

フィラリア症は蚊が媒介する心臓病です。蚊が運んでくるフィラリアの幼虫は、犬の体内で成虫へと成長し心臓に寄生します。それによって、心臓は正常に機能しなくなり、元気・食欲の低下、発咳といった症状から始まり、最終的には死に至ることもあります。
実はあまり知られていませんが、ワンちゃんだけでなくネコちゃんもフィラリアに感染します。
でも、ご安心を。この病気は毎月1回予防薬を投与するだけでほぼ100%予防することができます。最近では、冬場でも暖かくなってきているので、当院では年中予防することを推奨しています。また、年に1回の注射でフィラリア症の予防が1年間可能なお薬もご用意しています。飲み薬が苦手な子におすすめです。

  • フィラリア
  • フィラリア

【 ノミ、マダニ 】

ノミは、激しい痒み、ノミアレルギー、寄生虫感染など、マダニは貧血、感染症、皮膚炎などを引き起こします。
ノミは家の中の家具の隙間やカーペットの中、マダニはお散歩コースの草むらやキャンプ場など、皆さんの身近に潜んでいます。そして何より、これらは1年中活動している場合があることをお忘れなく。
ノミやマダニが原因で起こる病気は治療よりも予防がより大切です。
毎月1回の予防薬で、しっかりと予防しましょう。

ノミ、マダニ

PAGE TOP ↑