臨床獣医師教育プログラム

当院では獣医師の教育に力を入れています

はじめに

小動物臨床獣医師は、一般内科・眼科・皮膚科・外科など、多岐にわたる分野を診察するため、幅広い臨床知識を持つ、ジェネラリストでなければなりません。
さらに、病院には、病気を患った動物を診察するのは当然のこと、一見健康そうな動物の血液検査やレントゲン検査などの検査結果から、潜んでいる病気を見つけ出す必要があります。
動物は言葉を話せません。病気で来院した動物の状態を把握するにはご家族とのコミュニケーション能力も不可欠となります。
このように獣医師は動物の病気を治療するため、幅広い臨床知識と高いコミュニケーション能力をあわせ持つことが必要です。
当院では、就職した獣医師が一人前の獣医師として仕事ができるようになるために、新人研修プログラムを取り入れた教育に力をいれています。
特に内科、腫瘍科、皮膚科は認定医が在籍しており、より充実した研修が可能です。

副院長あいさつ

副院長 河村 圭介

獣医学生の皆様、初めまして。
社会に求められる臨床獣医師としての知識や能力は年々上がっており、新人獣医師がぶつかる壁には様々なものがあります。
当院では、「新人獣医師を三年間で一人前の獣医師に育てる」ことを目的とした獣医師教育プログラムを設け、新人獣医師が一人で悩みを抱えることがないような環境作りを目指しています。
泉南動物病院のスタッフ全員が一つのチームとして、動物とご家族に寄り添った治療を行うことができるよう、共に学び、共に成長していきましょう。

当院の特徴

研修プログラムがあります

就職したばかりの頃は、覚えるべきことが多すぎて、何から手をつけたらよいのか分からず、すべてのことが中途半端になってしまいがちです。
当院では、研修プログラムを設け、主にこれに則って指導獣医師が教育をしていきます。

泉南動物病院の新人研修プログラム

上記とは別に、毎月〜隔月に一回大阪府立大学獣医臨床センターで行われる「泉州勉強会 新人研修」に参加
2年目以降…獣医教育先端技術研究所 宮林孝仁先生による「腹部超音波研修 全6回」に参加
「泉州勉強会 症例検討会」に月1回参加

獣医師間でのカンファレンスがあります

当院では、診察を行った症例のカルテを指導獣医師が確認するようにしています。
主にカルテの書き方、検査や治療の内容、ご家族への説明の仕方をアドバイスします。

院外講師を招聘、院内セミナーが開かれます

当院では、定期的に院外講師を招聘しています。
各分野に精通した講師に院内でセミナーをしていただくことで、その分野の最新の情報を学ぶことができ、獣医師全員の知識の向上にもつながります。
これまで一般内科、腫瘍科、整形外科、歯科、泌尿器科、麻酔科、エキゾチック科の先生にセミナーをしていただきました。
この写真は、日本小動物がんセンターの中野先生に腫瘍のセミナーをしてもらっている写真です。

過去に行われた院外講師による院内セミナー

Fatal error: Call to undefined function get_program_data() in /home/sennan-ah/www/sennan-ah/wp/wp-content/themes/sennan/page-program.php on line 107