せんなん通信

暑い日が続いていますね。

2018.07.30

人間も参ってしまいますが、わんちゃんねこちゃんも同じく熱中症になる可能性は十分あります。

家の中とはいえ、冷房をかけていないとおそらく、この猛暑では熱中症になってしまうでしょう。
実は、熱中症が起こるのはお外でいる場合が全体の3割だけで、あとの7割はお家の中で発症しているそうです!
お家を空けるときは必ず熱中症対策をしましょう!

・冷房器具(クーラー、扇風機等)を使用する
・わんちゃんねこちゃんがよくいる場所を暑くならないようにする
・お水をたくさん置いておく

こんなものや
s-クールマット
 ※参考 PEPPY ひんやり涼感マット

身体につけるだけで冷たく感じるようなものもあるようです。
s-ひんやり
 ※参考 左:PEPPY クールリボンバンダナ 右:PEPPY スワンプクーラー

熱中症のサインは
・呼吸が荒い
・体が熱い(体温が40℃以上になります)
・元気がない

散歩に行った後ではなくてもこの症状が見られた場合は動物病院を受診しましょう。
熱中状が酷くなると、
・下痢
・嘔吐
・発作
・意識障害
などの症状がみられます。命にもかかわりますので、すぐ近くの動物病院を受診してください。
熱中症

獣医師 松本

PAGE TOP ↑