せんなん通信

ノミ取り首輪にご注意!!

2017.10.17

犬や猫の中毒を起こすものは、チョコレートや玉ねぎなどが有名です。

人にとってはおいしいものでも、犬や猫にとっては毒になってしまいます。

他に様々なものが中毒をおこしてしまいます。中には、意外なものが中毒を起こすことがあります。

今回ご紹介するのは、「ペルメトリン」というお薬です。

 

ペルメトリンというお薬はもともと犬用のノミの予防薬として用いられていました。この背中につけるお薬は、犬には安全に使うことができます。

しかし、そのお薬を同じように猫に付けてしまうと、たちまちてんかん様発作を起こし、全身の筋肉の痙攣(けいれん)が起こります。

ひどい場合には、その後に命を落としてしまうこともあります。

ペルメトリンは口に入ってしまった場合にも中毒を起こしますが、皮膚から吸収されても中毒を起こしてしまいます。

犬はこのお薬を解毒、排せつする酵素を持っていますが、猫はその酵素を持っていないため中毒を起こしてしまいます。

特に、1歳以下の幼い猫で症状が強く現れます。

 

実は、市販されている「ノミとり首輪」の中にはペルメトリンが使用されているものもあります。しかも、猫用として売られています。

その首輪を猫に付けたり、かじってしまったら中毒を起こしてしまうかもしれません。

猫ノミ

ホームセンターやネットでノミのお薬として市販されているものは医薬部外品なので、効果が弱く、きちんとノミの予防ができない場合があります。

たとえば、「ノミとり首輪」をしていてもノミだらけになってしまっていることもあります。また、市販のものは本当に安全かどうかわからないものもあります。

一方、動物病院で販売しているお薬は、効果が証明されており、安全に使用してもらえるものです。

ノミの予防は、犬には犬用の、猫には猫用の動物用医薬をお使いいただいて、確実に、安全に予防していただくことがいちばんです。

猫ノミ2 猫ノミ1

獣医師 田中

PAGE TOP ↑