せんなん通信

第15回泉南動物病院セミナー 質問への回答

2017.03.11

暖かくなったり寒くなったり、まだまだこたつやストーブは仕舞えそうにありません。
春はまだでしょうか…

先日は泉南動物病院セミナーにたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
戸田先生にはまだまだ聞きたいことがある!という方もたくさんいらっしゃったようで、質問シートもたくさん集まりました。

それぞれ戸田先生にお答えいただいたので、こちらに掲載させていただきます。

Q:口内炎、潰瘍にインターフェロンは使えますか?よくなりますか?
A:よくなると思いますが、場合によっては外科処置などほかの治療が必要になるかもしれません。

Q:インターフェロンはしんどくないですか?元気に影響はありますか?
A: 元気に影響はありません。

Q:生活習慣で何かいいこと、悪いことはありますか?
A:ごはん、お散歩と同様に歯磨きも生活習慣に組み込むことが大切です。
 硬すぎるもの(ひづめ等)を噛ませるのはやめておきましょう。

Q:歯周病になりやすい歯はありますか?
A:一般的には全部です。

Q:今年12歳になるミニチュアダックスです。歯ブラシを嫌がり、デンタルリンスは飲まず、動物病院のデンタルグッズはほとんど買って試しましたが、汚れが付き、今まで3回歯の汚れを取ってもらい、抜歯もしました。小さい時からしていなかったため、ダメなのはわかっていますが…高齢になり、歯もきれいになって頑張っていますが、顔の近くに手を出すだけで嫌がります。今はサプリメントで予防と、歯ブラシにペーストを塗って舐めさせる程度です。ビデオで見せていただいたように、一度病院でやっていただきたいです。
A:ほめながらやることが一番です。ペーストをなめるなどできるところから少しずつ、時間をかけてやりましょう。
 泉南動物病院では歯磨き教室や歯磨き指導も行っておりますのでご相談ください。

Q:私の犬は歯磨きが嫌いで、磨こうと思ったらすぐに咬みつきにきます。どうした良いですか?
A:まずは口を触る練習からしましょう。指に好きなものをつけて、待てをさせ、口につけるというようなやり方です。食事前にしましょう。
 今日のセミナーのステップ1(口に触る)、ステップ2(歯に触る)に十分な時間を取りましょう。その子によって1~2週間で出来る場合もあれば何か月もかかる場合もあります。

Q:フリスビーで歯が折れると聞きましたが、フリスビーの選定で歯を折れにくくするということができるでしょうか?
A:歯は物を噛めば擦り減っていきます。歯にいいフリスビーはないと思います。

Q:歯について学ぶ獣医学部の2大学はどこですか?
A:麻布大学、日本獣医生命科学大学です。

質問シートに書けなかったという方も、泉南動物病院のスタッフがお答えできることもあると思いますので、お気軽にご相談ください。

獣医師 沖田

PAGE TOP ↑