せんなん通信

子猫リレー☆

2017.03.09

みなさん、子猫リレーてご存知ですか?

実は、私もこのような活動をしていることを知りませんでした。

子猫リレーとは、大阪市獣医師会と株式会社PEPPYが共同で行っている活動です。

活動内容は、動物病院やキトンシッターさんのお家で6ヶ月まで元気で、人好きに育った子猫さんの里親を募集する事を行っています。

ネコちゃんとの出会いは本当に様々あると思います。ネコちゃんを飼われている方は、みなさん運命的な出会いがあったのではないでしょうか?

私も、実家にキジトラのミミと今の家に白黒のオレオの2頭のネコちゃんを飼っています。

IMG_0063

ミミは昔アルバイトをしていたところのスタッフが、溝に捨てられていたところを保護して私が譲り受けることになりました。

その当時は、飼っていたワンちゃんが亡くなり数年たち動物看護師の専門学校に通い始めて「猫を知るには猫を飼うのが一番だ!!」と思いネコちゃんを探していました。

飼い始めた当初は、家族のだれも猫を飼ったことがなかったこと、専門学校で勉強をし始めたばかりだった為、しつけの仕方がわからず咬み癖と猫パンチとの戦いでした。そんなミミも今では母親と父親にべったりな箱入り娘に育っています。

IMG_4101

次にオレオですが、実はミミ以外ネコちゃんを迎える予定は全くありませんでした。

私が結婚して家を出る事になり、その時にミミを連れて行こうとすると「猫より犬方が断然、愛想もあってかわいい。」と言っていた両親が、「やっぱり連れて行くのはやめてほしい。」と言ってくれたんです。実家で住んでいた時は、母親は可愛がっていたが、父親はそんなに可愛がっている様子はなかったのでその時はなんだかうれしかったです。

だけど、私も猫好き!!

そこで、新たに迎え入れようと思っていた時に、当院に通院されている患者さんがオレオを保護し譲り受けることになりました。

オレオの場合は保護されたというよりは、怪我をしたオレオの兄弟が保護をされ、その付添いのように付いて行ったという方が現在のオレオの性格にはピッタリかも知れません(笑)

はじめて家に来た時から物怖じせず、自分より何倍も大きいボーダーコリーに猫パンチをして咬まれそうになってもお構いなし、人が歩けば何かくれるんじゃないかと付きまとうそんな子猫でした。

今ではどんな扉でもこじ開け色んなものを漁るヤンチャで元気な甘えん坊に育っています。

 

みなさんにもいろいろな出会いのエピソードがあるのではないでしょうか?

さて話は戻りますが、現在ネコちゃんをお探しの方、いずれネコちゃんを迎えてみたいなぁ・・・そんな方はぜひ一度子猫リレーを覗いてください。

こちらから子猫リレーのホームページへアクセスできます。

https://www.peppynet.com/konekorelay?page_num=1

沢山の子猫が里親に迎え入れられることを願っています。

 

事務 木村

PAGE TOP ↑