せんなん通信

動物譲渡をご存知ですか?

2017.01.30

大阪府よりこのようなポスターが当院に届きました。

SKM_C754e17012821200_0001 SKM_C754e17012821200_0002

大阪府で一体何頭の動物たちが殺処分されているのか皆さんご存知ですか?

私も看護師として仕事をしているのに、「漠然と多いんだろな。」と思うくらいで実際に何頭が殺処分されているのかは知りませんでした。

調べてみると、毎年環境省が都道府県別、都市別に殺処分頭数が公表していました。

大阪府では、平成27年度の犬の殺処分頭数は79頭、猫の殺処分頭数は1187頭(内子猫が1092頭)と公表されています。

この数字を見て正直な気持ち、犬の殺処分は思ったよりも少なくなっているんだな。それよりも、猫の方が圧倒的に多く、そのほとんどが子猫のことに驚きました。もちろん、犬の方が少ないから良いとは思いません。少なくても殺処分されていることに変わりはありません。

猫の方も冷静に考えると野良猫の仔猫達が大半なんだろうと想像が付きます。野良猫だけでなく未去勢・未避妊の子を外飼いすることも、このような子猫たちを増やす原因になります。大切なペットが外に出るとこのような子猫が増える原因になるだけでなく、ケンカをして怪我をしてくる、交通事故に遭ってしまうなどいいことはありません。正しい飼い方をすれば、家の中だけでも十分にストレスのない生活を送ることができます。正しい飼い方ってどんなの?そんな方は当院スタッフへご相談ください。いつでもお答えいたします。

そして、何より殺処分を減らす方法として動物譲渡という方法があります。

動物譲渡とは、保健所や動物愛護センターなどで保護されている動物を家族として迎え入れることです。

海外では動物を家族え迎える時の主流な方法です。国によってはペットショップで子犬・子猫の販売を禁止している国もあるくらいです。

日本ではまだまだ認知されていないのが現状ですが、現在「2020年の東京オリンピックまでに殺処分0を目指す。」というプロジェクトが全国で展開されています。大阪府でも今年の8月に羽曳野市に動物愛護管理センター(仮称)が開所される予定になっています。

今後は日本でもペットを迎える時はペットショップへではなく保健所や愛護センターへ足を運ぶことが主流になるかも知れません。

動物譲渡についての詳しいことは、こちらの大阪府のホームページに記載されています。

ペットショップに行くと可愛い子犬・子猫がたくさんいて、目移りしてしまう気持ちは私もよくわかります。もしよろしければ、頭の片隅にでも殺処分される動物を救うことができる動物譲渡ということを覚えて頂けるとありがたいです。

看護師 木村

PAGE TOP ↑