せんなん通信

幸運の鳥?

2016.07.16

家の玄関の前にツバメが巣を作っています♪
昔から、ツバメは縁起が良い鳥とされ、ツバメが巣を作った家には幸運が訪れるとも言われています。
ということで、なぜたくさん鳥がいる中で、ツバメだけがそんな風に言われるのか気になったので、ツバメまつわる逸話をちょっと調べてみました!

〇ツバメが巣をかけた家は繁栄する
  ツバメは古くから、害虫を食べてくれる益鳥として大切にされており、
  そのおかげでお米がたくさん採れる=裕福になる、とされていて、
  さらにツバメは帰巣本能があると言われており、毎年戻ってくるため永代繁栄をもたらすと言われます
〇ツバメが巣をかけたお店は繁盛する
  ツバメは外敵から身を守ってくれる味方(=人)がなるべく多い場所に巣を作ります
  つまり、人の出入りが多い→商売繁盛、となるわけです
〇ツバメが巣をかけた家は火事にならない
  ツバメが巣を作るのは、安全で環境的に整っていると判断した場所なので、
  つまり、清潔で、きちんとしている家=火事にならない
〇ツバメが低く飛ぶと雨
  天気が悪くなる前には湿度が上がります
  湿度が上がると、ツバメの餌である虫の羽が水分で重くなり、低く飛ぶようになるため、
  あるいは土の中の虫が外に出てくるため、ツバメもそれらを狙って低く飛ぶ、と言われます

迷信のような話かと思っていましたが、意外とちゃんとした理由があったようです(・ε・o)
ヒナたちが無事巣立っていけるよう、見守ってあげたいと思います!
あわよくば幸運がゲットできるかも…!

Fotolia_85247567_Subscription_Monthly_M-500x332

獣医師 小川

PAGE TOP ↑