せんなん通信

猫心

2015.11.06

お久しぶりです。宮崎です。
ブログで登場はお久しぶりなのですが、元気にしておりますよ!
家では1歳6ヶ月になった娘と、15歳になった小梅ばあやとともに楽しく過ごしております。小梅さんは娘に大分と押され気味ですが。。

先日、「猫の診療」セミナーに参加させていただきまして、かねてから思っていた、「猫の病院への連れて来方」について教えていただいたのでそれを皆様にもお伝えしようと思います!

そもそも猫という生き物、病院など大っ嫌いで、連れてくるのも一苦労だということは、私も重々承知しております。我が家の小梅も病院は大嫌いですし、車も嫌い、ケージも嫌いで、道中鳴き通しです。それでも連れて来なきゃいけないこともあるし、万が一の災害時には一緒に避難したいです。そこでまずはケージを買い換えることから始めました。

①全面プラスチック製であること。
②ドアが取り外せること。
③上半分が取り外せること。

これはセミナーで教えてもらったことなのですが、小梅のケージもこの三つに当てはまっておりました。色々考えて選んだわけですが、正解だったんだなあと思い嬉しかったです。そこでこれは皆様にもお伝えしようと思ったのです。明確に条件を出してくれると探しやすいですよね。

これからもセミナーなどで培った小さな知識も皆様にお伝えして、皆様とご家族が過ごしやすい環境を作れるお手伝いをしてまいりますね!

PAGE TOP ↑