せんなん通信

歯のケアはしていますか?

2009.04.10

歯のケアは意外に見落としがちですが、
とても大切な事だと言うことをご存じでしょうか?

歯磨きをしていない動物では、2歳~4歳の8割が歯周病と言われています。

なぜ歯のケアが必要なの?
①動物自身の健康管理
歯石とは、歯垢の固まりで、バイ菌の固まりでもあります。バイ菌が口の中にあるということは、口臭の原因、歯周病といったことはもちろん気管、心臓、腎臓等、様々な病気と関連していると言われています。

②人に感染してしまう病気の予防
動物は、色んな場所を舐めた口で飼い主さんの顔や手などを舐める事が多く、飼っている動物から人へ病気が感染することもあります。デンタルケアで飼い主さんが病気になるリスクを少しでも減らす事ができます。

③飼い主さんと動物との関係作り
信頼関係がしっかりとできていなければ動物は歯磨きをさせてくれません。
歯磨きを始める前にしっかりと信頼関係を築いておきましょう。

もし歯石がついてしまったら?
いくら歯のケアを行っても取ることは出来ません。全身麻酔をかけ、超音波で少しずつ取るしか方法がありません。歯石は、ついてしまう前に予防することが大切なのです。

歯のケアは、子供の頃から慣れさせておくことが大切で、大人になってからだとなかなか受け入れにくくなってしまいます。ですが、少しずつに行えば歯のケアができるようになる動物もいるので、動物の為にも、飼い主さんの為にも少しずつ始めてみませんか?

歯磨きの仕方、注意点、歯磨きのコツなど詳しい事はコチラに掲載しております。 ぜひ、ご覧ください。
また、当院にて歯磨きの仕方を指導することもできますので、お気軽におたずねください。

看護師 木下菜穂子

PAGE TOP ↑