せんなん通信

震災に備えましょう。

2011.04.09

先日起きた、三陸沖地震でたくさんの方が亡くなり、
今も被災地では不安や寒さに耐えながら
避難所生活を続けておられる方が大勢おられます。
今回の地震で避難の際の持ち物や、家族の一員である動物たちの
準備を考え直す必要を感じました。

1.名札、鑑札、首輪、マイクロチップを設置しましょう。

2.わんちゃんはリードに慣れさせておきましょう。

3.ゲージ生活に慣れさせておきましょう。

4.予防接種は済ませておきましょう。
 (特に狂犬病の予防注射は犬を飼われる方の義務です)

5.動物の食事や必要な避難グッズをまとめておきましょう。
 (排泄のためのペットシーツや、ゴミ袋、移動用のゲージなど)

避難をする際の注意点として、首輪・迷子札などでの個体識別が大事だと思います。
また、公衆衛生上の問題として、狂犬病の予防注射や定期的な駆虫も必要です。

全ての人が動物好きとは限りません。
中には動物に対してアレルギーを起こす方もいます。
少しでも他の人に嫌な思いをさせないような工夫も大切だと思います。
そのためにも普段からゲージに入ることに慣れさせたり、
人に対しての社会化などが必要です。

日頃からの準備を心がけましょう。

獣医師 宮崎 絢

PAGE TOP ↑