せんなん通信

供血犬について

2017.04.16

みなさん「供血犬」という言葉をご存知ですか?

人間と同様、ワンちゃんも病気やケガで血液が必要なときがあります。

そんな時に血を分けてくれるワンちゃんのことを「供血犬」または「献血犬」といいます。

人間の場合は「血液バンク」がありますが、ワンちゃんの場合はありません。

当院では、病気やケガで血液が必要なワンちゃんが来院したときのために「供血犬」の登録を行っています。

 

登録するには以下の条件があります。

①体重が7kg以上

②年齢が6歳未満

③フィラリア予防・7種混合ワクチン・狂犬病予防接種をしていること

④過去に輸血歴がないこと

⑤外科手術から3ヶ月経過していること

⑥供血当日の血液検査で異常がないこと

⑦前回の供血より3ヶ月は経過していること

⑧大人しい性格の子

以上です。

 

現在、当院には8頭の供血犬が登録をしてくれています。

ですが、供血してくれる子が3ヶ月以内に供血をしていたり、家(飼い主さん)の都合ですぐに来れないこともあります。

ですので、少しでも多くのワンちゃんに供血犬になってもらい、病気やケガで血液が必要なワンちゃん達を助けたいのです!!

 

供血に協力していただくワンちゃんには、供血当日の血液検査無料、ごはんorおやつプレゼント、供血犬卒業時に表彰状の贈呈&健康診断1回無料でさせていただきます!

 

もし、少しでも協力したいと思ってくださった方は、ぜひスタッフまでお声かけ下さい。

 

看護師 塩谷

PAGE TOP ↑