せんなん通信

わんちゃん・ねこちゃんのデンタルケア ~まずは第1歩を踏み出しましょう!~

2017.02.15

「犬・猫も歯磨きは必要でしょうか」との質問を飼い主様から受けることがあります。

私たち人間は毎日当たり前のように歯を磨きますが、わんちゃん・ねこちゃんも同じように歯磨きが必要です。

 

その前にみなさん、お家のわんちゃん・ねこちゃんの口の中をじっくり見たことがありますか?普段、元気で過ごしてくれている場合、じっくり口の中を見る機会は少ないと思います。しかし、症状がなくても口のなかではゆっくりと静かに病気が進行している可能性があります。まずは、口の中を見てみましょう!それがデンタルケアの第1歩となります。

そして、見るといっても歯の汚れ具合だけを見るのではなくて、以下のことも注意して見もらうと病気の早期発見につながります。

 

・口の中が臭い

臭いの原因は細菌によるものです。細菌の存在は歯周病の進行につながります。

・歯肉が赤い、腫れている

歯周病になっている可能性があります。

歯肉炎

歯周病のわんちゃん

・咬み合わせが悪い

乳歯が残ったままなどの原因により、永久歯がおかしな場所に生えてしまうことがあり

ます。そのままにしておくと、歯肉を傷つけてしまうなどの可能性があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乳歯が残って永久歯の邪魔をしている。

・歯が折れている

そのままにしておくと、折れた部分から細菌が感染し、歯を腐らせてしまう可能性があ

ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い〇印の歯が折れています。

・口の中にできものがある

歯周病が原因の時もありますが、腫瘍などが原因の場合もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

口の中に出来た腫瘍

もし1つでも当てはまる場合、病気が隠れている可能性があります。一度病院で診察を受けてみましょう。また、お家では口の中を見せてくれないわんちゃん・ねこちゃんもいるかと思いますが、病院でなら見せてくれるかもしれません。その場合も診察を受けることをおすすめします。

獣医師 松本

PAGE TOP ↑