せんなん通信

ワンちゃんのおもちゃの選び方

2016.02.04

みなさん「ワンちゃんのおもちゃ」はどういったものを使っていますか?

実はワンちゃんと楽しく遊ぶためのおもちゃによって、思いもよらぬ怪我や事故が起こってしまうことがあるんです。そんなことにならないためにも、今回はおもちゃの選び方について紹介させていただきます。

 

選んではいけないおもちゃ

ワンちゃんの口よりも小さいもの→これは遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。飲み込んでしまうと最悪の場合、手術によって取り出すことになります。

硬すぎるおもちゃ→意外と知られていないのですがワンちゃんの歯は脆く、歯が欠けてしまったり、歯肉を傷つけてしまうことがあります。

※プラスチック製のものや蹄(ひづめ)、豚の耳など。

ぶた

古いタオルやスリッパ→新しいものとの区別がつかないので、新しいものもおもちゃにされてしまうことがあります。また、他にも飼い主さんのものを噛んできてしまうようになります。

遊ぶ際に注意が必要なおもちゃ

ひも状のロープやぬいぐるみ→遊んでいるうちにひもを噛みちぎってしまったり、ぬいぐるみの目やタグを食べてしまうことがあります。そういった子には不向きです。

遊ぶときは飼い主さんが見てあげられる時だけにしましょう!

ひもぬいぐるみ

おすすめのおもちゃ

・ワンちゃんの口よりも大きなもの

ゴム製のもの→ワンちゃんが噛んでも壊れにくいのでおすすめです。

例えばコング。使い方としては、コングの中にごはんやおやつを入れたり、フードの袋の中に入れておくことでにおいが付き、ワンちゃんがより一層興味を持ってくれるおもちゃになります。

コング

転がるもの→動くものを追いかけるのが大好きなワンちゃんの欲求を満たしてくれます。

ボール

音が鳴るもの→音が鳴ることでさらに興味をもって遊んでくれます。ただし音の鳴るおもちゃは音が大きすぎると怖がってしまうことがあります。その子の様子を見ながら使ってあげましょう。

ワンちゃんとの生活が楽しいものになるよう、おもちゃ選びの際はぜひ参考にして下さいね!

 

看護師 塩谷

PAGE TOP ↑