せんなん通信

ワンちゃん・ネコちゃんのハミガキについて

2010.03.29

ワンちゃん・ネコちゃんのハミガキについて

私たち人間は、食事の後歯を磨きますよね。ワンちゃん・ネコちゃんは自分で歯を磨くことが出来ません。
歯磨きをしないと歯垢がたまり、いずれ歯石となります。歯石はバイキンの塊です。
歯石がつくと、口臭がしたり、歯ぐきに膿が溜まったり、歯ぐきの血管からバイキンが入り込んで心臓や他の臓器に悪影響を起こします。歯石になってしまうと歯みがきでは落とすことが出来ません。
ついてしまった歯石を取るには、ワンちゃん・ネコちゃんの場合全身麻酔をかけてスケーリングをします。歯石がつかないように、歯みがきで歯石予防&病気予防をしましょう!
まずは歯みがき!だからといっていきなり歯ブラシで磨くというのは難しいです。少しずつ慣らしていきましょう。

ポイントは・・・・
反抗しにくい、遊びつかれている時、眠たそうな時を狙って行いましょう。ハミガキを練習し始めるベストな時期は社会化期(生後1ヵ月から3・4ヶ月)です。大人になってからも慣れさせる事はできますが少し時間がかかる事があります。

ステップ1
1.口の近くを触る練習をしましょう。優しく触ってみてください。
嫌がらずに触ることが出来るように優しく撫でてあげましょう。嫌がるようであればご褒美を使って、少しずつ『口を触る=いいコト』だと教えていきましょう。最初が肝心です。無理強いはせず、ゆっくりしてあげてください。
ワンちゃんのハミガキ風景
2.出来るようになったら、唇をめくって指を歯にそっとあててみましょう。
この時、顔の真正面から向かっていくとワンちゃん・ネコちゃんがびっくりしてしまいます。後ろや横からそっと触っていきましょう。口の中に入れることができたら、その指を上下にゆっくり動かしてみましょう。
ワンちゃんのハミガキ風景
ステップ2
1.出来るようになったら、水にぬらしたガーゼを指に巻いて歯に当ててみましょう。
2.嫌がらないようであれば、指をゆっくり上下に動かしてみましょう。
ワンちゃんのハミガキ風景
ワンちゃんのハミガキ風景
ステップ3
次は指型歯ブラシに挑戦しましょう。  慣れてきたらまた上下にゆっくり動かしてブラッシングをしてみましょう。
ネコちゃんのハミガキ風景
ステップ4
いよいよ歯ブラシです。まず、歯ブラシを見せてあげて「大丈夫だよ、恐いものではないのよ」という事をしっかり確認させてあげてください。
そして、歯ブラシをそっと歯にあててみましょう。
慣れてきたら、歯ブラシを上下に動かして歯ブラシをしましょう。
ネコちゃんのハミガキ風景 ワンちゃんのハミガキ風景
●ハミガキを成功させる秘訣●
1度もハミガキをしたことのないワンちゃんネコちゃんは、ステップ4までを少なくとも1ヶ月かけて行いましょう。
そして、うまくさせてくれればその都度必ずしっかり褒めてあげましょう。ハミガキは楽しいこと、褒めてくれるものだと教えてあげましょう。そしてやり始めたら、少しずつでもいいので、毎日やることが大切です。
☆歯磨き粉は動物用の歯磨き粉を使用してください。人間用の歯磨き粉は吐き出すことを目的として作られています。飲み込んでしまうと、胃を荒らしてしまうことになってしまいますので必ず動物用の歯磨き粉を使用してください☆

注意!!
歯ブラシや指型歯ブラシは絶対に飲み込まれないように、気をつけましょう!

PAGE TOP ↑