せんなん通信

ブラシの種類とお手入れ方法

2010.03.29

ブラシの種類と使用方法

ブラッシングをする前に・・・

まずは眠たそうな時や遊び疲れた時を狙って優しく声を掛けながら全身を触る練習から行いましょう。

1. 全身を平気に触らせてくれるようになれば、今度はブラシを確認させてあげましょう。この時にブラシを見せながらご褒美を与える事を何回か行い、ブラシを持てば向こうから好んでやってきてくれる様になれば最高です。

2. また眠たそうな時や遊び疲れている時を狙って今度はブラシを体に優しくあててみます。

3. 2を違和感なくさせてくれたら優しく声を掛けながら、少しずつといて行きます。ブラシをしながらご褒美を与えつつ、行いましょう。ブラシが終了してもしっかりとご褒美を!

ブラシの紹介と使用方法   (難易度は5段階)

■スリッカーブラシ(全ての犬種・猫種に使用できます)

難易度 ★★★★

スリッカーブラシ 主に毛のもつれを取る時や抜け毛をきれいに取るのに使用します。
シャンプー後、毛を乾かす時にドライヤーを当てながら毛に逆らって直接風を当てるようにとくと乾きも良いのでドライングの時にも使います。

注意!一般的に使用されるブラシですが、ハリガネのようなブラシなので使用方法によっては体に傷をつける恐れがあります。特に短毛種の子は皮膚が近い為、力の入れすぎには要注意です。ブラシを置く時は必ずブラシを下に向けておきましょう。上向きに置くと、知らずと動物が踏んでしまったら脚の裏にささる恐れがあります。

[使い方のポイント]
スリッカーブラシの使用風景 左図のように鉛筆を持つように持ってください。
このもち方なら皮膚を傷つけるほど力は入りません。ブラシの重みを使ってあまり地肌には当たらない様に、といて下さい。
右図のようにもつと、ブラシに力が入りすぎてしまい、皮膚を傷つけてしまう場合があります。ワンちゃんネコちゃんも痛くて嫌な思いをします。 スリッカーブラシの使用風景


■ピンブラシ(毛の長い、ロングコートの犬種・猫種におすすめ)

難易度 ★

ピンブラシ 人の櫛みたいな形のブラシです。力が入ってもブラシがしなるので痛くありません。身体全体のブラッシングや、毛のもつれをとる時等に使います。散歩の後や普段(毎日)のブラッシングに使うと便利です。


■ラバーブラシ(毛の短い、スムースコート~ショートコートの犬種&猫におすすめ) 

難易度 ★★

ラバーブラシ 抜け毛を無理なく落としてつやを出す効果があります。洗ってもさびないのでブラシが清潔に保てます。
皮膚に適度に刺激を与え、マッサージ効果もあります。シャンプーのときなどに使用する事もできる柔らかいゴム製のブラシです。皮膚にも優しいので、初めてブラッシングやブラッシングに慣れる入門編のようなブラシになります。
[使い方のポイント]
ラバーブラシの使用風景 毛の流れに逆らってブラッシングしても毛が簡単に抜けます。2~3回でこれだけ抜けました。すごいでしょ?(ラブラドールなどのスムースコートの犬種は毛が抜けやすいのでまめにブラッシングしましょう)

ラバーブラシの使用風景

注意! ネコちゃんに使用する場合は気持ちよさそうだからとやりすぎにご注意を!!脱毛部を作ってしまう可能性があります。



■獣毛ブラシ  
難易度 ★
獣毛ブラシ このブラシにはいろんな種類があります。イノシシ・豚・馬・豚&いのししなど・・・。毛の種類と体のどこの部分を使って作られているかによって毛の固さや長さが違ってきます。短毛種の子には固めのブラシでマッサージ効果や、抜け毛を取り除くなどの目的で使います。長毛種の子には、オイルをつける時や、アンダーコートを保持しておきたい時などに使いましょう。あとは静電気予防にも使いたい一品です。


■コーム  
難易度 ★
コーム ブラッシングのあとに、そのくし通りを確かめ、毛流を整えることが出来るブラシ。カットの時にも使います。硬い毛を持つテリア種などには抜け毛を取り除くのに使用する事もあります。

注意!一般的に簡単に使用出来ますが、顔周りを使用する時は目に要注意!

毛の長い犬種は、口まわりなど食べ物がついたままになり、それが原因で毛玉が出来る事があります。
ブラッシングは難しくても、口の周りの汚れは毎日綺麗にふき取ってあげましょう。

もしも毛玉を見つけたら!?

片手で被毛の根本を持ち、毛先から少しずつブラッシングしましょう。皮膚にテンションがかかってしまうとどうしても痛くなってしまうのでしっかり根本を持ち皮膚をかばうといいでしょう。

すごく頑固な毛玉なら、美容院や病院に行ってプロに任せましょう。ほぐれないからと、はさみを使用すると、皮膚までざっくりと切ってしまい、病院に来られる場合が多いです。危険なのでプロに任せましょう。
(無理に引っ張るとかなり痛いです、無理はしないで少しずつ・・・が基本になります。無理をしたばっかりにブラッシングが嫌いになってしまう場合もあるので気を付けましょう)

毛玉は作らない事が一番です!

一旦毛玉を作るとほぐすのに痛い思いをしてブラッシングが嫌いになる可能性があります。
また、毛玉は毛同士が絡まってしまうので皮膚の炎症や、動くたびに皮膚が引っ張られ皮膚の痛みにつながり、不快な思いをします。毛玉を甘くみているとワンちゃんネコちゃんの身体的な危険につながる事が本当にあります。毎日ブラッシングを行い、体の状態を把握し綺麗に保つのもワンちゃんねこちゃん飼う上で楽しみの一つにして頂けると、飼い主さんもワンちゃんネコちゃんも清潔で気持ちよく毎日を過ごせること間違い無いですよ♪

PAGE TOP ↑