コラム

知ってほしい!!猫の5つの予防

今年に入ってもまだまだ衰えることのない猫ブーム、ネコちゃんをはじめてお家に迎え入れた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ネコちゃんの愛らしい仕草に癒される日々過ごしているかと思われます。そんな愛らしい姿を見せてくれるのも健康があってこそ!!そこで今回はネコちゃんを飼われている方にぜひ知っていてほしい5つの予防を紹介します。

 

1、混合ワクチン

ネコちゃんに様々な病気になってしまいます。ですが、ワクチンを接種することで予防できる病気がいくつかあります。ワクチンは初年度2回接種、2年目以降は年1回の接種で病気を予防できます。

ワクチンは種類によって予防できる病気が異なってきます。

当院では、3種類のワクチンを取り扱っています。

①3種混合ワクチン

予防できる病気

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症

お家から外に出ることは絶対にないというネコちゃんには3種混合をオススメしています。

②5種混合ワクチン

予防できる病気

  • 3種混合ワクチンに加えて
  • 猫クラミジア感染症
  • 猫白血病ウイルス感染症

外に出る可能性がある場合は5種混合をオススメしています。

③猫エイズワクチン

猫エイズとは正式には猫後天性免疫不全症候群という病気で人のエイズと同じように免疫力が下がり病気から体を守ることが出来なくなることから猫エイズと呼ばれています。

ケンカや交配によって感染します。また、母猫が感染している場合も、胎盤を経由して子猫に感染することがあります。

エイズワクチンは外へ出る可能性がある場合、多頭飼いで感染しているネコちゃんがいてる場合などに勧めています。

ワクチンは接種していれば100%予防できるわけではないですが、感染したとしても症状を抑えることが出来るため年に1回の接種をお忘れのないようにお願いします。

2、フィラリア症

ワンちゃんを飼っている方であればほとんどの方がご存知だと思われますが、実はネコちゃんもフィラリア症に感染します。

フィラリア症とは、蚊から感染する寄生虫の一種で、心臓や肺動脈に寄生します。

見た目は白く細長いのでよく、そうめん状の虫を言われています。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2

フィラリアの成虫です。

 

ネコちゃんの場合フィラリアに寄生されてもそのほとんどが無症状ですが、喘息のような咳をしたり呼吸困難、嘔吐などの症状がみられることがあります。最悪の場合、突然死を起こすこともあります。

ネコちゃんのフィラリア症は検査で見つけることが困難な為何よりも予防が大切になってきます。予防期間は蚊が飛び始めた1ヶ月後から蚊がいなくなった1ヶ月後までで、大阪では4月~12月が推奨されています。しかし、近年は冬場でも室内の暖房などで蚊が活動していることがあります。100%予防するためには年間を通して予防することが必要になってきています。

予防薬は予防期間中毎月1回決まった日に投薬してください。

当院ではフィラリア症の予防薬は、背中に垂らす液体のお薬を2種類取り扱っています。

予防薬は後ほどご紹介します。

3、ノミ・マダニ予防

ワンちゃんやネコちゃんの予防といえばノミ予防だ!!と頭に思い浮かぶ方もいらっしゃるかと思われます。では、なぜ予防が必要なのかご存知ですか?ノミやマダニは、ネコちゃんに悪影響を及ぼすだけでなくヒトへも悪影響を及ぼすことがあります。

 

ノミの場合

%e3%81%ae%e3%81%bf

 

ネコちゃんへの影響

  • 血を吸う
  • 激しい痒みがある
  • ノミアレルギーになる可能性
  • お腹に住みつく寄生虫を運んでくる(瓜実条虫)等

人への影響

  • 血を吸う
  • 激しい痒みがある
  • 猫ひっかき病の危険性 等

猫ひっかき病とはなかなか聞き慣れない病気だと思います。ノミに寄生されているネコに引っ掻かれたり、咬まれたりすることで人へ感染することのある病気です。ノミ予防をしっかりと行うことで防げる病気です。

 マダニの場合

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%8b

ネコちゃんへの影響

  • 血を吸う
  • 大量寄生で貧血の危険性
  • バベシア症の危険性 等

バベシア症とは原虫の一種に感染してしまい赤血球を破壊され貧血や発熱などを起こして最悪の場合亡くなってしまう病気です。

人への影響

  • 血を吸う
  • さまざまな病気を運んでくる など

詳しくは過去のこちらのコラムをご覧ください。

http://www.sennan-ah.com/date-order/4347

予防について

今は様々な予防グッズがペットショップでも販売されています。ノミ取り首輪やノミ取りシャンプーなど多種多様ですが、ペットショップで販売されているもので予防効果がないわけではありませんが、予防効果の持続性が弱かったり、部分的にしか予防が出来ていないということがあります。なので、しっかりとした持続性と全身の予防が出来る動物病院で販売されている予防薬を使用してください。

また、マダニ予防は外へ出る可能性がある場合にオススメしています。

予防期間については、今は室内だと冬場でも暖房が効いていて暖かく年間を通してノミが活動しています。又マダニも年中活動しているため通年予防をオススメしています。

当院では3種類の予防薬を取り扱っております。こちらも後ほど紹介します。

4、内部寄生虫

内部寄生虫と聞いてもわからない方が多いのではないでしょうか?

内部寄生虫とは体の内部に住みつく虫のことを言います。フィラリアも実は内部寄生虫に一種です。ここでは、消化器官つまりお腹の中に住みつく虫のお話です。

お腹の中に住みつく虫で代表的なもの3つ紹介します。

①回虫

%e7%8c%ab%e5%9b%9e%e8%99%ab

腸の中に住みつく虫です。

食欲不振、下痢、嘔吐などの症状があります。子猫の時に感染すると発育不良や体重減少に繋がることがあります。

便中に排泄された虫卵をグルーミングなどで摂取してしまうことで感染します。

 

②鉤虫

%e7%8c%ab%e9%89%a4%e8%99%ab

腸の壁に噛みついて吸血する虫です。

血便、食欲不振、貧血などの症状があります。子猫での感染では極度の貧血を起こし亡くなることもあります。

便中に排泄された虫卵を摂取したり、子虫が皮膚や毛穴から体内に入ることがあります。

また、妊娠中の母猫が感染していると胎盤から子猫へ感染することがあります。

 

③条虫

サナダムシと言うと聞いたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

サナダムシは人に寄生する条虫の一種です。日本では今は感染している人はいなと言われています。

ネコちゃんに感染する条虫の中で代表的なものを2種類紹介します。

・瓜実条虫

%e7%93%9c%e5%ae%9f%e6%9d%a1%e8%99%ab

ノミ予防の所で出てきた腸に住みつく虫です。

成虫は長いものでは、50cm以上にもなる寄生虫です。
感染は、内部に8~15個の虫卵をもっと片節(身体の一部)が
ひとつずつちぎれて糞便とともに外界に排出されます。
排出された片節は、時間がたつと写真のように便の表面や肛門のまわりの毛についたまま乾燥します。
乾燥した片節(白いゴマの様な物)が破れ、内部の虫卵がまきちらされます。

この虫卵をノミの幼虫が食べると、虫卵はノミの体内で子虫に成長します。
ネコちゃんが自分の体をなめたり噛んだりしたときに、このノミの成虫を飲み込むことで感染します。

ノミ予防をしっかりと行えば予防が出来ます。

・マンソン裂頭条虫

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%b3

腸に住みつく虫です。

外を駆け回りカエルやヘビを捕食することで感染します。ワイルドな生活をした結果感染してしまう寄生虫です。外に出かけて帰ってきてからしばらくして白い紐状の物を吐き出した。お尻から白紐のようなものが出ている時が動物病院へ相談してください。

予防方法は外に出さないことです。

 

内部寄生虫に関しては予防薬ではなく駆虫薬となります。定期駆虫が結果的に症状を出さない予防に繋がります。

当院では飲み薬と背中に垂らす液体のお薬を取り扱っております。

それでは、予防薬をご紹介します。

①レボリューション(背中に垂らす液体のお薬)

%e3%83%ac%e3%83%9c

フィラリア予防、ノミ予防、ミミヒゼンダニ、回虫の予防が出来ます。

完全室内飼いで絶対に外にはいかないネコちゃんにはこちらがオススメ。

②ブロードライン(背中に垂らす液体のお薬)

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

フィラリア予防、ノミ・マダニ予防、回虫、鈎虫、条虫の予防が出来ます。

寄生虫予防がこれ1本で出来ます。外に出ているネコちゃんには是非こちらを使用してほしいです。

③フロントラインプラス(背中に垂らす液体のお薬)

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88

ノミ・マダニ予防、ハジラミの予防が出来ます。

冬場にフィラリア予防を行わない場合はこちらをご使用ください。

④ドロンタール、ドロンシット(飲み薬)

お腹に住みつく回虫、鉤虫、条虫の駆虫薬になります。ブロードラインを毎月使用しているネコちゃんには必要ないですが、

外でカエルやヘビを捕食しているワイルドなネコちゃんの場合、マンソン裂頭条虫のブロードラインが効かないため、必要になる場合があります。

以上が予防薬になります。生活の環境にあったお薬を選んでください。

 

5、定期健診

 

ワンちゃんもネコちゃんも、いつまでも無邪気な子供の様に思えますが、体は人よりも早く年を重ねていくように感じます。いつもでも健康で一緒にいてほしいと誰もが願うことだとは思います。

そこで、重要になってくるのが定期的に行う健康診断です。

「うちの子はまだ若いから大丈夫!!」と思われている方ももちろんいらっしゃると思います。そんな方にこそ一度健康診断を受診してあげてください。もちろん「何も病気がなく健康です。」という結果になるかも知れません。「やっぱりまだ若いから大丈夫だったじゃないか!!」と感じてしまうかも知れません。ですが、健康な時の状態を先生に診てもらう、看護師に診てもらう、そこがとても大事な事です。病気になって初めて病院に行く、ネコちゃんの場合は、ワンちゃん以上に怖がりことがあります。病院では病気を隠してしまう、怖くて暴れて何も検査が出来なくなってしまうこともあります。

そんなことがないように子猫の頃から、定期的に病院に行って少しでも環境に慣らしてあげること、また健康な時の様子を病院のスタッフに診てもらっていると緊張していてもいつもと様子が違うことを先生や看護師も気づくことが出来ます。

もちろん定期的な健康診断を行うことで病気の早期発見・早期治療につなげることが、健康を維持するための秘訣です。

オススメとしては

  • 子猫(1歳まで)

順調に成長できているかを確認するためにも月1回、体重測定を行いましょう。

  • 成猫(1歳~6歳)

成長も止まり、体力もあり多少のことではへこたれないこの時期は年1回の健康診断を行いましょう。

  • 高齢・老齢猫(7歳以上)

高齢期に突入したら、少しのことで体は弱音を吐いてしまいます。体の変化を早く見つけるためにも年2回の健康診断を行いましょう。

 

以上がネコちゃんを飼われている方にぜひ知っていてほしい5つ予防です。なによりも大切なことは日頃の様子をよく見てあげてください。ネコちゃんはワンちゃん以上に体調不良を隠してしまいます。いつもよりご飯をあまり食べない、いつもより寝てる時間が長いなど少しの変化を見つけてください。

少しでも気になることがあれば、動物病院へご相談ください。

24時間365日なんでも相談窓口もお気軽にご使用ください。

しっかりと予防を行って健康で長生きを目指しましょう!!

 

看護師 木村

 

 

 

PAGE TOP ↑