せんなん通信

ごはんについて

2020.09.16

ごはんのラベルを見て疑問に思ったこと等、ごはんの疑問はありませんか?
よく分からないという方、知ってるよ!という方も是非この機会に一緒に勉強しましょう!

ごはんのラベルに記載されていること

記載されていることは各メーカーによって違いますが、実際は法律や規則によって一定のルールが決められています。
何が記載されているかというと
①名称 ②賞味期限 ③原材料名
④原産国 ⑤事業者名および住所 ⑥目的
⑦給与方法 ⑧成分 ⑨内容量 が書かれています。
原産国とは「最終加工工程を完了した国」のことを言うので、気になる方はメーカーに問い合わせることをおすすめします。

ごはんの種類

ごはんには総合栄養食、おやつ、療法食、その他の 4種類があります。
① 総合栄養食
毎日の主食としてあげるものです。栄養バランスが良く、ごはんとお水だけで健康が保てると言われています。
② おやつ
ご褒美としてあげるものです。スナックやトリーツとも呼ばれます。
あげる量はエネルギー要求量の20%以内が良いとされています。
③ 療法食
治療の補助としてあげるものです。獣医師の指導のもとあげるようにしましょう。
④ その他
栄養の調節やカロリー補給、嗜好を増進させる役割を持つものです。
サプリやふりかけ、カロリー補完食が含まれます。

ごはんのあげ方

ご飯のあげ方にも 3種類あります。
① 自由採食・・・好きな時に好きなだけあげる方法。肥満になる可能性があるので十分に注意してください。
② 定量給餌・・・決まった量をあげる方法。その子のライフステージに合わせたごはんの量をあげましょう。
③ 定時給餌・・・決まった時間にあげる方法。定量給餌と一緒にすることで適切な量と栄養をきちんと摂取できます。

誤解しやすいものQ&A

Q1. 犬が一番栄養が必要なのはいつ?
・・・母乳を生産している母犬です。犬の妊娠期間は約9週間あります。
その中で前期(1~3週目)は成犬の維持期と同じでいいのですが、後期(7~9週目)になると胎児の発育が急速になるため、エネルギーが今まで以上に必要となります。なので、エネルギーが高く、消化の良いごはんを1日3回以上あげましょう。
そして授乳期も後期と同じくエネルギーが高く、消化の良いごはんをあげるようにしましょう。

Q2. 猫は魚が好き?
・・・幼い時に食べていたもので好みが決定するという固定化があるといわれているので、猫が魚を好きだとは断定できません。
もし将来、食事療法をするときに偏食があると苦労するので、日ごろから色んな食事に慣らしておくといいかもしれません。

ごはんはこの先ずっと付き合っていかなければならない大切なことです。
わからないことや、どれがいいのか迷われた際はぜひスタッフへご相談くださいね。

動物看護師 田村

ワンちゃんとの信頼関係について

2020.06.17

皆さんはワンちゃんとの信頼関係を築けていますか?

うまく信頼関係が築けていると目を合わせてくれたり、名前を呼ぶと駆け寄ってくれたりします。
なにより一緒の空間で緊張や恐怖がなく、安心や楽しいといった感情を表現してくれます。
信頼関係を築くためにはワンちゃんとご家族の生活が素晴らしいものである必要があります。
毎日のスキンシップや適度な運動、バランスの良い食事、楽しいトレーニング等が大切です。

では、逆に信頼関係が崩れる原因となるものはどういったものでしょうか。
簡単に言えば、直接的にワンちゃんに嫌な思いをさせる行動です。

・大声で怒鳴りつける
じゃれ噛みに対し怒鳴ったとしましょう。
これは言葉の本質を捉えられないワンちゃんにとっては急に罵声を浴びせられたようなものです。
良い行動を教えられないどころか怯えて近寄らなくなったり、攻撃的になる可能性もあります。叱るときは落ち着いた声で一言「ダメ」と言えば物足ります。
怒鳴りつける必要は全くありません。

・鼻先を握って叱る、口の中に指を突っ込む
じゃれ噛みの矯正で見かけますが、これもよくありません。
指を突っ込まれると誰だって嫌な思いをしますよね。
また鼻先を握って叱るとそこを触られることに嫌なイメージが付きます。
結果、口周りを触ることが難しくなり歯磨き等お口の中のケアの大きな障害となります。

・過度なトレーニングを行う
ワンちゃんの集中力は持って15分程度です。
長々と行っているとワンちゃんも楽しくないですよね。
ワンちゃんにとって楽しい、嬉しいが原動力となります。
1日数分程度を複数回行えば十分です。ワンちゃんもご家族様も楽しみながらトレーニングをしましょう。

病院での注射、日常ケアなどワンちゃんに我慢を強いるときはオヤツやオモチャなど使いましょう。
どれだけ楽しく過ごせるかが大切です。ワンちゃんと向き合い少しずつ信頼関係を築いていって下さい。 

動物看護師 窪田

PAGE TOP ↑