せんなん通信

犬アトピー性皮膚炎に対する画期的な新薬 アポキル錠とは

2016.10.09

「うちのワンちゃん、いつも痒そうで見てられない!」
と、当院を訪れ受診される方が沢山いらっしゃいます。
かゆい皮膚病=アトピー性皮膚炎ではありませんが、
その中の多くは、アトピー性皮膚炎が関連した皮膚病であることが多いです。
このアトピー性皮膚炎、厄介なのは「治らない病気」であること。
ですから、今まではステロイドを軸に、さまざまな外用薬やスキンケアを組み合わせて、
症状が出ないようコントロールしていく方法が主な治療法でした。

犬のこの病気に対して、「アポキル錠」という新薬がゾエティス社から発売されました。
この薬は、痒みの伝達物質を直接阻害し、痒みそのものを止めてしまうという画期的なお薬です。
先日まで、「痒みを止めるためにステロイドを使うことは、そう怖いものではない。」
とご家族にお話していたのですが、このアポキル錠が発売されたおかげで、
「ステロイドを使わない治療も可能ですよ。」と説明できるようになりました。
これぞまさしく、「脱ステロイド治療」ですね。

私も、早速犬アトピー性皮膚炎の症例にこのアポキル錠を処方したところ、
「毎晩、眠れないほどだった痒みが、その日から熟睡できるようになった。」と多くの方から喜ばれました。
このようにアポキル錠は、ステロイドと同じくらい「よく効き」「即効性」があり、
「ステロイドのような副作用はない」ことから、沢山のワンちゃんとそのご家族がこのお薬に満足されています。

もし、アトピー性皮膚炎と診断され、お悩みのご家族の中で
「処方されるのはどうせ副作用の強いステロイドだから病院に行きたくない。」
と、まだお考えの方は是非、ご来院ください。

きっと、このお薬は期待に応えてくれると思います。

 

「かい〜の。」は吉本新喜劇が全盛期だった我々の世代の者にとって、

大変馴染みのある間 寛平さんのギャグですが、

11月には、朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞にこの寛平さんを起用した見開き広告が掲載されます。

 

 

%e3%82%be%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9

楽しみにしていてください。

また、ゾエティス社のHP https://犬のかゆみ.com/index.htmlでは、寛平さんのメイキング動画もご覧になれます。

 

犬アトピー性皮膚炎に悩みを持つ、より多くのワンちゃんとご家族とがこの新薬で救われることを祈ります。

院長 横井 愼一

PAGE TOP ↑