せんなん通信

病院でのお預かりについて

2020.01.12

今回は病院でのお預かり中の生活についてお話していきます。
病院に預けないといけない理由はホテルや検査、トリミング、入院…などなど
様々な理由があると思いますが、どんなところで過ごしているか気になりますよね。

お部屋

・犬舎

ワンちゃん専用のお部屋になります。
入院や、検査でお預かりしたワンちゃんが過ごすお部屋です。
上の部屋には小型犬、下には中~大型犬・小型犬でもドアを開けた途端に飛び出してしまう子などが入ります。

・猫舎

猫ちゃんは外の物音や、犬の鳴き声にもかなり敏感なのでこの猫舎は防音になっています。
そして猫舎のお部屋は、仕切りの間を行き来することができ、トイレと寝床を
分けて使用することも出来ます!

・ホテル

ホテルでお預かりした子が過ごすお部屋になります。
入院室とはわかれているので安心です。

・ICU

酸素が必要な子や、手術が終わったばかりの子、体温調節がむずかしい子…などの動物が入ります。
スタッフがすぐに動物の変化に気づくことができるように処置室に設置されています。

以上がいつも動物たちが過ごしているお部屋になります。
極力ストレスがかからないよう動物の種類や、それぞれの性格、状態に応じて部屋を振り分けています!

お預かりもの

よりリラックスできるように、当院では普段からお家で使っているもの
(毛布、食器、お気に入りのおもちゃなど)をお預かりさせていただいています。

ごはん

ホテルの場合、基本的にその子にあった病院のご飯を先生が選んであげていますが、
「うちの子いつも食べているごはんしか食べない!」という場合はいつも食べているごはん
を持ってきていただいても大丈夫です。
また、検査のため朝ごはんを抜いてお預かりの場合にも、ご飯をお持ちください。
検査終了後に食べさせてあげることができます。
ご飯を忘れてしまった場合、病院のご飯で対応しますのでご安心ください。
※病気などで食べられるご飯に制限があることもありますので
その際は担当の獣医師とご相談ください。

病院に預けると、なるとたくさんの不安があると思いますが、できる限り動物たちがリラックスできる状態でお預かりさせていただいております!
この記事を読んで少しでも安心して預けてもらえたら幸いです♪
入院中はもちろん面会していただくことも可能ですので担当獣医師とご相談ください!
他に気になる点がございましたら気軽にお尋ねください♪

看護師長 宮原

ワンちゃんネコちゃんのシニア期っていつから?

2019.12.11

ワンちゃんネコちゃんの歳のとりかたを知っていますか?
人とは少し違う歳のとりかたをするため年齢計算式があります。
この計算で人の年齢に換算できるのでぜひ一度計算してみて下さい。

 ワンちゃんネコちゃんの年齢計算式 
〈小型・中型犬および猫の場合〉
1年で15歳、2年で24歳になり、3年目から4歳ずつ歳をとります。
*3年目からの計算の仕方24+{(年数-2)×4}
〈大型犬の場合〉
1年12歳になり、2年からは1年につき7歳ずつ歳をとります。
*2年目からの計算の仕方12+{(年数-1)×7}

例)当院のアニマルスタッフネコのにゃじくんは19歳で人の年齢に換算すると92歳になります。

 いつからシニアなの? 
人の高齢期では65~74歳が前期高齢者と言われており、75歳以上を後期高齢者となっています。
一般的にペットフードなどでシニアと記載されている年齢では7歳からになります。
しかし、本格的な老化に突入する年齢は小型犬・ネコちゃんは12歳から。大型犬で9歳からです。

 7歳からはどうしたら良いのか? 
アンチエイジングのために日頃の遊びに知育グッズ(おもちゃ)を使用し頭を使うことで脳の老化防止。
お散歩やおもちゃで遊ぶことで足腰の筋肉を維持。
食事はシニア食へ変更。
関節炎や認知症予防のためにサプリメントを始めるのもお勧めします。
わんにゃんドック(健康診断)で血液検査など体の内面を知っておくことも大事です。

 知育グッズの紹介  
*鼻や口、手、頭を使って食べ物を収穫できるおもちゃがおすすめ。

 12歳からはどうしたら良いのか? 
排泄の様子、日ごろの動き方、ご飯の食いつき、寝ている時間などメモしておくと体調の変化に気づきやすくなり病気の早期発見に繋がります。
気になることがあれば動物病院で相談しましょう。

少しでも長くハッピーライフを送れるようにしていきましょう!

看護師 小山

PAGE TOP ↑