せんなん通信

犬猫のロコモティブシンドローム(運動器症候群)

2020.07.01

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは?

骨・関節・筋肉などの運動器に何らかの障害があり、立つ、歩くなどの機能が低下している状態のことを言います。人では以下の疾患や症状がロコモの原因とされています。

運動器障害
 •変形性関節症
 •椎間板ヘルニア
 •骨折、骨粗しょう症
 •関節リウマチ
 •脊椎症
加齢による運動機能不全
 •筋力低下
 •持久力低下
 •バランス機能低下

骨や筋肉などの運動器は、運動や普段の生活で体を動かして負荷をかけることで維持されます。ロコモが進行すると、躓いたり骨折などしやすくなって寝たきりになる可能性があり、健康寿命(普通に日常生活を送れる年齢)を短縮させてしまいます。

犬猫のロコモ

犬猫でも同様に考え、健康寿命を延ばすための予防・対策が大事になります。
シニアのわんちゃん、ねこちゃんはほとんど(特に猫では12歳以上の90%)が関節炎などの疾患があり、慢性痛があるといわれています。
しかし、ロコモになっていても自分で足が痛い、関節が動かしにくいとは言いません。健康寿命の短縮だけでなく、痛いままずっと生活しなければいけません。ご家族で痛みのサインを見つけてあげましょう。

痛みチェックに当てはまっていませんか?

痛みチェック表に一つでも当てはまれば慢性痛がある可能性があります。
動物病院で相談してみましょう。

ロコモといわれたら

 ・原因を治療 →加齢による場合は治療ができないことも…
 ・痛み止めやサプリメントで痛みの管理をしましょう。
 ・サプリメントやフードで関節の保護や太らないようにしましょう。

痛みをケアして適度な運動と太り過ぎないようにすることが、ロコモの対策となり、健康寿命の延長につながります!
いつまでも元気でいつも通りの生活ができるようケアしてあげましょう!

獣医師 沖田

ワンちゃんとの信頼関係について

2020.06.17

皆さんはワンちゃんとの信頼関係を築けていますか?

うまく信頼関係が築けていると目を合わせてくれたり、名前を呼ぶと駆け寄ってくれたりします。
なにより一緒の空間で緊張や恐怖がなく、安心や楽しいといった感情を表現してくれます。
信頼関係を築くためにはワンちゃんとご家族の生活が素晴らしいものである必要があります。
毎日のスキンシップや適度な運動、バランスの良い食事、楽しいトレーニング等が大切です。

では、逆に信頼関係が崩れる原因となるものはどういったものでしょうか。
簡単に言えば、直接的にワンちゃんに嫌な思いをさせる行動です。

・大声で怒鳴りつける
じゃれ噛みに対し怒鳴ったとしましょう。
これは言葉の本質を捉えられないワンちゃんにとっては急に罵声を浴びせられたようなものです。
良い行動を教えられないどころか怯えて近寄らなくなったり、攻撃的になる可能性もあります。叱るときは落ち着いた声で一言「ダメ」と言えば物足ります。
怒鳴りつける必要は全くありません。

・鼻先を握って叱る、口の中に指を突っ込む
じゃれ噛みの矯正で見かけますが、これもよくありません。
指を突っ込まれると誰だって嫌な思いをしますよね。
また鼻先を握って叱るとそこを触られることに嫌なイメージが付きます。
結果、口周りを触ることが難しくなり歯磨き等お口の中のケアの大きな障害となります。

・過度なトレーニングを行う
ワンちゃんの集中力は持って15分程度です。
長々と行っているとワンちゃんも楽しくないですよね。
ワンちゃんにとって楽しい、嬉しいが原動力となります。
1日数分程度を複数回行えば十分です。ワンちゃんもご家族様も楽しみながらトレーニングをしましょう。

病院での注射、日常ケアなどワンちゃんに我慢を強いるときはオヤツやオモチャなど使いましょう。
どれだけ楽しく過ごせるかが大切です。ワンちゃんと向き合い少しずつ信頼関係を築いていって下さい。 

動物看護師 窪田

PAGE TOP ↑