せんなん通信

ネコの歯磨きについて

2020.03.28

今回はネコちゃんの歯磨きについてお話しさせていただきます。

ネコの歯磨きの大切さ

皆さんのお家のネコちゃんは歯磨きをしていますか?
ご家族の中には「ネコに歯磨きなんて必要ない」や「ネコって歯磨きさせてくれるの?」と思われてる方もたくさんいるのではないでしょうか
最近では2歳以上のネコちゃんの約70%が歯周病と言われるほど口腔内の問題を抱えてる子が増えてきています。
ネコちゃんのお口の中のトラブルの一つに歯肉口内炎というものがあり、歯肉口内炎になると痛みで食欲が落ちてしまう子もいます。
歯周病を防ぐには歯ブラシでのケアが一番大事です。
そして歯肉口内炎に関しては色々な原因があるので歯磨きだけでは防ぐことはできませんが、歯磨きの習慣をつけることでお口の中の異変に早く気付いてあげることができます。

ネコの歯磨きって難しいの?

ネコちゃんはワンちゃんのようにマテやお座りなどを教えていない分、歯磨きに対してとても難しい印象があると思います。
ネコちゃんの歯磨きではその子の生活リズムをしっかり把握することが大事です。
遊んでる時は活発に動いてる時間帯なので遊びに専念していて、こちらに構ってくれなかったり、寝ている時やリラックスしている時など一人で休んでいる時間帯は誰にも邪魔されたくなかったりとONとOFFがはっきりしていると思います。
歯磨き練習のポイントとしては今お話ししたONとOFFの時間を避けることです。
例えばグルーミングをしている時や甘えに来た時、食べることが大好きな子はご飯前やご飯後などを狙って練習してみてください。
練習の仕方も色々な方法があるので、ネコちゃんの歯磨きを始めてみたい方や、やっているけどうまくいかなくてお困りの方はいつでもご相談ください。
当院ではネコちゃんの歯磨き指導も行っております。

あんこちゃんの練習のお話

実際に指導に来てくれている5歳の日本猫あんこちゃんのお話です。
最初は歯ブラシや歯磨きシートを見せるだけで怖がって逃げていたのですが、
お気に入りの場所でお母さんと楽しみながら歯ブラシに慣れる練習をし、歯ブラシで顔周りのブラッシングをし、歯ブラシを歯に当てる練習をし、少しずつ頑張りました。
その間1か月半に1回の指導に来てもらいながら約5カ月経った今では歯ブラシで歯を磨かせてくれるまでに成長しました。

怖がりで恥ずかしがり屋のあんこちゃんです。

うちの子はもう高齢だし、歯磨きなんてやったことないからいいやと諦めていませんか?
今からでも全然遅くはありません!
もちろん子猫の時期から始めることがベストですが、年をとっても、怖がりさんでもその子のペースに合わせてゆっくりと練習することが出来ます。
歯磨きについて気になる方は是非当院にご相談ください

看護師 山城裕介

チョコレート中毒について

2020.02.18

<チョコレート中毒とは>
チョコレートに含まれるテオブロミンやカフェインなどのメチルキサンチンの過剰摂取によって生じる中毒です。
チョコレートの種類によって含まれるメチルキサンチンの量は異なます。

<チョコレート中毒の症状>
摂取後早期(1-2時間)では落ち着きの消失や活動性の亢進が認められ、摂取後2-4時間で嘔吐や下痢といった消化器症状が認められるようになります。
重度の場合は痙攣や筋肉の痙縮が起こり死に至ることもあります。
ほかにも高体温や多尿、頻脈や呼吸数増加が認められることがあります。

<どれぐらい食べたら中毒になるの?>
ミルクチョコで考えると、軽度な異常は体重1kg当たり10g程度を摂取すると認められ、30g摂取すると痙攣などの神経症状を引き起こします。
また犬では体重1kg当たり50-100g、猫では40-75g摂取してしまうと半数は亡くなってしまいます。
つまり体重5kgの犬であれば、50gのミルクチョコレートを食べると異常が出るかもしれないということです。
体重に対するチョコレートの量の問題から小型犬の方が重篤になることが多いです。
またダークチョコやカカオ含有量の高いチョコレートでは、より少ない量で中毒になるので注意が必要です。

<治療>
摂取後2-4時間以内であれば催吐処置による汚染除去を行い、中毒性物質の吸着剤の投与を行います。
チョコレート中毒に有効な解毒薬は存在しないため、対症療法(出ている症状に対する治療)を行い動物を支持してあげることになります。

<最後に>
チョコレート中毒は盗食が原因となることが多いです。
私たちにとってはご褒美でも犬猫には毒になるのでしっかりと管理して大切な家族の安全を守りましょう。

獣医師 三田 良太郎

PAGE TOP ↑