せんなん通信

犬の緑内障のおはなし

2019.06.12

犬の目が赤くて、痛そうな時、すぐに病院に連れていっていますか?
目にゴミでも入ったかな?
ちょっと様子をみたら治るかも。
・・・そんな風に思っていませんか?
その症状、もしかしたら緑内障かもしれません。
人間同様、緑内障は失明する可能性のある怖い病気です。
今日は緑内障についてのお話です。

緑内障とは?

眼球の中を循環している眼房水(がんぼうすい)が何らかの理由で溜まることにより、眼内の圧力(眼圧)が上昇し、網膜や視神経が影響を受け、視覚障害や眼に痛みをおこす病気です。
日本では緑内障は柴犬、アメリカンコッカースパニエル、シーズーに多いといわれています。
原因によって、原発性(生まれつき、眼房水の排泄に異常がある場合)と、続発性(ブドウ膜炎、水晶体脱臼、外傷や腫瘍などが原因で起こる場合)に分けられます。

症状は?

緑内障の症状は眼圧上昇の程度により様々で、最初に起こるのは、結膜炎・上強膜炎による充血、目の痛み(目を細めて、涙を流している)です。また視神経に障害を受けると視野が挟まり、散瞳(瞳孔が開きっぱなしになる)します。また眼圧の上昇が続けば、眼球突出(牛眼)し、視神経は取り返しのつかない障害を受け、最後には失明します。

診断するには?

緑内障の診断には、眼圧の測定や眼底検査が必要で、原因の特定には各種眼科検査を行います。

治療は?

治療は眼圧を制御するための投薬(点眼)が主になりますが、場合により外科的治療も行います。また続発性緑内障の場合、原因疾患も治療します。
慢性的な緑内障で、すでに失明している場合、治療の目的は眼の痛みや不快感を和らげることを重視します。そこで眼球が拡張し起こってくる角膜炎や不快感を減らすため、また緑内障の治療を終了するために、眼球の摘出や、眼球内シリコンボール移植術(眼内の義眼)を行うことになります。
原発性緑内障であるならば両眼に発生するため、正常眼に対しても予防的治療を開始したほうが正常眼の発症時期を遅らせることができます。

緑内障は早期発見、早期治療がとても大事です。
気になる眼の症状がある場合は、お近くの動物病院を受診してください。

獣医師 伊原宏美

ワンちゃんの誤食について…

2019.05.18

今回はワンちゃんの誤食についてお話したいと思います。
皆様はワンちゃんが口にしてはいけないものを咥えたときどのような反応をしていますか?


「あー!」と大きな声を出し慌てて追いかけたりしていませんか?

その瞬間、口の中の物はワンちゃんにとって宝物に変わります!
取られまいと必死に逃げ回り、終いには飲み込んでしまうかもしれません。

しかし、飲み込んでしまう可能性を考えると直ぐに取り上げたいですよね…
そんな時はオモチャやおやつなどを使って咥えてるものから興味を移してみて下さい。

普段から練習しておくのも良いでしょう。
オモチャを咥えて遊んでいるときに離したら褒めてオヤツをあげ、オモチャも直ぐに返してあげる
これを繰り返していけば物をご家族に渡すことで良いことがあると思い
万が一の際もおやつと交換できるようになります。
この練習の際「交換」や「アウト」などの号令をかけて覚えさせてあげて下さい。
褒めることはとても大事ですので忘れずに褒めてあげましょう。

万が一、飲み込んでしまった場合、小さいものでしたら、うんちと一緒に出てくることも期待出来ます。
しかし、異物に関しては小さいもの、例えば梅干しの種などはサイズとしては出てくる可能性があるサイズですが、消化が出来ないので胃内に残り嘔吐を繰り返すことがあります。
どんなサイズのものでも誤食を見つけた場合、ご相談ください。

飲み込んで時間がたっていない物は薬を使って吐かせることも可能です。
しかし、誤食したものによっては吐かせるこが出来ないものもあります。
針などの鋭利なものは食道を傷つけるため吐かせることが出来ません。
薬品なども同様の理由で出来ない事もあります。
また、内視鏡で取り除くこともありますが、それが可能でない場合お腹を開けて取り出す必要があります。

未然に防ぐ為にも、ワンちゃんの口の届く範囲に誤食の危険性のあるものを配置するのはやめましょう。

看護師 窪田

PAGE TOP ↑