せんなん通信

黒猫ちゃんたちの旅立ち。

2018.10.14

8月末、保健所からやってきた、黒猫ちゃんたち。
どんな経緯で保健所にやってきたのかはわかりません。
捨てられたのか、お母さん猫とはぐれたのか。
幸か不幸か保健所にやってきて、当院がお預かりをさせて頂くことになりました。
(今は保健所と呼ばず、動物愛護管理センターと言います♪)

最初、当院に来た時はふたりとも体重は180g。あまりに小さい命でした。

当院の獣医師・看護師さんたちがお母さん代わりに愛情たっぷりミルクをあげて、順調に大きくなりました。
180gだったのが、約1ヶ月半で1Kgを超える大きさに♪

色んな人と接したことで、人間大好きな黒猫姉妹に育ちました。

そしてとうとう新しい家族に出会えました。
とても優しそうなご夫婦で、このご夫婦の元であれば幸せになれると確信いたしました。

旅立ちの日。
院長は寂しそうにしていました。
実は一番お世話していないけれど(笑)
この子たちを必ず幸せにしてあげなければいけないという責任を背負いながら
無邪気に遊ぶ可愛さにメロメロだった院長。

このまま病院の子にしようか…と、心揺らいでいたはず!(笑)
最後のスリーショットです(^^)/

そして、わたしが黒猫ちゃんたちをおうちまでお届けに行きました。
新しいおうちには、ねこちゃん専用のお部屋が!!!
ねこちゃんのために建てたおうち。素敵すぎませんか?(*^^*)

お部屋を警戒することもなく、ふたり一緒に仲良く探検していました。

幸せすぎるね~(*´ω`)

早速、システムトイレの下の部分を引き出してシーツを取る!というイタズラをしていました。
これから先、たくさんイタズラして新しいお父さんとお母さんを悩ませるに違いありません!(笑)

新しいお名前は、
おーちゃん(青リボン)→琥珀ちゃん
ぴーちゃん(赤リボン)→翡翠ちゃん
と、とってもきれいなお名前をもらいました。

スタッフも新しいおうちで遊んでいる写真を見て、とっても安心していました。
一度は危険にさらされた命。こうやって命を繋いで幸せになる姿を見るのは
こちらも本当に本当に嬉しく思います。

琥珀ちゃん、翡翠ちゃん、これからも元気で楽しく、幸せに暮らしてね。

事務はま

※当院では猫の里親さんを探すお手伝いはできますが、野良猫の保護・お預かりは致しかねます。

里親さんが決定しました。

2018.09.15

以前、里親さんを募集していた白黒水玉模様の子猫ちゃん
無事に里親さんが決まりました!!
新しいおうちにも慣れたようで、かわいいお写真をいただきました(^^)/

◎気持ち良さそうにおねんね。

◎次男くんの足の上でおねんね。

「こうやって少しずつ家族になってくれるんですね。」
と、里親さまがおっしゃっていて、感動しました。

この子は保護された後、保護主さまのお宅で、ミルクを飲ませてもらい
自分でごはんが食べられるようになり、と、少しずつ大きくなりました。
保護主さんはとてもとても愛情深く育ててくださっていましたが、ご高齢の為、里親に出すことを決められました。
なので今回、当院で里親募集のお手伝いをさせて頂くことになりました。

新しいおうちでは間違いなく大切に育ててもらえて幸せになること間違いなしです。
これからの成長が楽しみです(*’ω’*)
元気いっぱいで新しい家族と楽しく暮らしてね。

事務はま

※当院では猫の里親さんを探すお手伝いはできますが、野良猫の保護・お預かりは致しかねます。

PAGE TOP ↑