せんなん通信

内視鏡実習セミナーがありました。

2020.03.31

こんにちは。
先日、院内で内視鏡実習セミナーがありました。

内視鏡では、カメラが先端についた長い管を口から入れ、消化管(食道・胃・小腸・大腸)の検査を行うことができます。
・消化管の見た目の異常がないか観察する
・食べてしまった異物を摘出する
・消化管の組織を採材し、病理学的検査を行う
この3つが主な目的となります。

さてこの内視鏡検査、何よりまずは、うまくカメラを進めていくことが大事なのですが…なかなかコツを掴めずにいました。
(ゲームが得意な人は上手らしいのですが、私はなかなか苦手。マリオカートは逆走、なんならコースアウトしてジュゲムに拾い上げてもらうタイプ)

そんな時に、OLYMPUSさん協力の下、実際の機械と消化管モデルを用いて内視鏡実習セミナーが行われました。


・食道→胃→小腸と内視鏡を通過させる練習


・胃の中の異物を摘出する練習


・消化管の粘膜から採材する練習

2人1組で行う際、私は院長とペアを組むことになりました。
それが院長、実習風景の写真を撮ることに夢中…!
そのおかげで人の2倍練習できた私。
丁寧に教えていただき、何度も反復できたため、かなりスムーズに操作できるようになりました。
(ちなみに院長の異物摘出のセンスはピカイチでした☆)

自分の中で、「これあまり得意じゃないな…」と思ってしまっていたことも、何かのきっかけで感じ方が変わるものですね。
よりよい獣医療を提供できるよう、日々努力したいと思います。

獣医師 長尾

犬のしつけ行動セミナー

2020.03.27

先日、JAHAしつけインストラクターの岡田友里香先生に
犬のしつけ行動セミナーを院内で開催していただきました。
他院の動物看護師の方にも参加して頂き、
とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

第一部
 病院を怖い場所から楽しい場所へ

恐怖の先にある3F
・flight(逃走)
・freeze(固まる)
・fight(攻撃する)
病院に来院する動物たちの中で固まってしまう子に対し、
動かなくていい子!ではなく、恐怖により固まっていると
私たちスタッフは気づく必要がある、尚且つどうすれば恐怖を取り除けるのか、というお話をして下さいました。

病院を好きになってもらい、楽しい場所と思ってもらうためにも
・子犬の時期にパピークラスへの参加
・おやつを使用する

診察を頑張った動物たちが最後はおやつをおいしそうに食べる姿は、
私を含め病院スタッフもとても嬉しい気持ちになります。
そういった動物たちを増やしていくためにも、今回のお話しはとても勉強になりました。

第二部
 人も犬も快適なお散歩をするための指導方法

吠え、引っ張り、拾い食いなど、お散歩で悩まれている
ご家族もいらっしゃると思いますが、二部では
お散歩の指導方法についてのお話しでした。
今回のお話で 「そうか!」と思うようなお話しを聞く事ができ、とても勉強になりました。

ご家族の悩み、動物たちの恐怖を取り除けるよう
今回のセミナー内容をしっかり理解し、
精進していきたいと思います。
岡田友里香先生、貴重なお話しをありがとうございました。

看護師 土山

PAGE TOP ↑