せんなん通信

サプリメント、始めました。

2019.01.21

こんにちは!
獣医師の松本です。

今日はわが家の犬猫たちを紹介したいと思います♪

☆ニーナ
6歳ミックス犬
おてんばで人が大好き
でも怖がりなのでお外は苦手

☆ミミ
2歳アメリカンショートヘア
ゴーイングマイウェイ
たまーーーに甘えてくる

とても仲がいいわけではありませんが、ある程度の距離感を保ちつつ良好な関係のふたりです。笑
そんな2人に最近楽しみが1つ増えました!!
それはサプリメントです!
ちゃんと食べてくれるか不安でしたが、2人とも嬉しそうに食べてくれてます。
今ではサプリメントが入っている缶をかたかたと触るだけで寄ってきます。
こんなふうに↓

まだ始めたばかりなので効果がどう出るか楽しみです。おやつのように楽しみにしてくれて、且つ健康的であれば言うことないですよね。
また劇的な効果があれば皆様にお伝えしようと思います。


獣医師 松本

サプリメントのお話

2019.01.20

今日では動物用のサプリメントは多岐にわたりどれを選べばいいかわからないというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんなサプリメントのお話をしようかと思います。

<サプリメントとは>
医薬品とは違い、栄養補助食品とも呼ばれ、ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養摂取を補助することを目的とする食品であり、食べ物そのものを指したり、成分を抽出し錠剤やカプセルにしたものなど多岐にわたります。またサプリメントはお薬ではないので副作用などを考えず安心して始めることができます。

<サプリメントをおすすめする子>
関節炎: 猫ちゃんの関節炎の罹患率は1-4才で30%、5-10才で56.5%、11歳以上で90.6%と言われています。

当院の18歳のにゃじも3年前に関節炎がみつかり、それ以来サプリメントを飲んでいますが、いまでも机に飛び乗ったりしています。

 ワンちゃんの膝蓋骨脱臼
 椎間板ヘルニア等の脊髄疾患など               

・皮膚疾患のある子
 アトピーやアレルギー性皮膚炎:オメガ3脂肪酸などを摂ることで痒みの軽減が期待でき、お薬の量を減らせることもあります。

・心疾患の子
 EPAを摂取することで血栓症の予防に効果があることは科学的に実証されているので心臓疾患のワンちゃんにもおすすめです。

<どうやって飲ませるの>
 ①ご飯や好物に混ぜて飲ませる
 ②お薬のように喉の奥にカプセルをいれて飲ませる
 ③ものによってはカプセルの中身だけ与えてもいいので、カプセルを飲めなくても大丈夫なものもあります

<サプリメントの選択方法>
サプリメントは病気の子はもちろん、健康な子の健康維持にも効果が期待できます。
動物たちが少しでも健康でいられるために、一緒にその子にあったサプリメントの選択とご提案をさせていただければと思いますのでお気軽にご相談ください。

獣医師 三田

PAGE TOP ↑