せんなん通信

院内麻酔セミナーその2

2014.12.07

11月28日、酪農学園大学の佐野忠士先生をお招きして、第2回院内麻酔セミナーを行いました。
今回は、「麻酔薬の作用と副作用の理解」について佐野先生に教えていただきました。
一言に、「麻酔薬」といっても、その種類は様々です。
一般的な人医療でイメージされるような   吸入麻酔(ガス麻酔)
痛みを和らげてあげるための         鎮痛薬
スムーズに意識を失わせてあげるための  鎮静薬
等々…
去勢・避妊手術を行う際でもこのように作用の異なる数種類の麻酔薬を使用し、なるべく動物に負担のかからない麻酔を日々行っています。
当然、麻酔薬を使用する以上、その薬の副作用もしっかりと理解しなければなりません。ワンちゃんで麻酔薬を使用する際に気を付けなければいけない点は何か、ネコちゃんではどうなのか、より動物に負担がかかりづらい麻酔薬はないのか…などなど、考えなければならない点は山ほどあります。
これからも、その子にとって一番安全な麻酔を考え、実践できるよう、勉強を続けていきたいです。
佐野先生、北海道からはるばる来ていただき、本当にありがとうございました
佐野先生セミナー

PAGE TOP ↑