せんなん通信

2014.07.26

こんにちは。
毎日本当に暑いですね。
私は自転車で通勤してるのですが、朝でも日差しが強く、病院に着いた頃には汗ダクです。
病院では、ウチの子ちょっと夏バテ気味かな??
っておっしゃる飼い主さんが増えてきてます。
皆さんのおウチの子達は体調大丈夫ですか?
ウチには今、猫が3匹いるのですが、お昼間は猫達のために冷房を付けて出かけるようにしてます。
そのおかげか、夏バテもせず、みんな快適に過ごしているようです。
ただいつもより水が減るスピードが早く、帰りが遅くなった時には無くなっている、なんて日もありました[emoji:i-238]
人間でも最近は
『隠れ熱中症』、『隠れ脱水』にご用心!ってニュースをよく見かけますよね。
特に高齢者の方は、もともと体液が減少しやすく、食事量が減りがちの為、水分や塩分が足らず、発汗による体温調節機能が十分機能せずに、脱水症になりやすいそうです。
これは、高齢猫・高齢犬にもいえることです。
高齢動物も水分の摂取量が十分でなかったり、熱いお部屋やお外に長時間いると熱中症になりやすくなります。
熱中症は状況によっては、命に係わることもあります。
くれぐれも、私のようにお水が足りなくなっている、なんてことにならないようにしてください
ちなみに…
2_20140726074017e49.jpg
病院の待合室のディスプレイも熱中症の話題です。
様々な注意点、対策について書いてありますので、来院の際にはよかったら読んでみて下さい。
獣医師 伊原

PAGE TOP ↑