せんなん通信

整形外科

2014.05.01

先日、藤井寺動物病院(動物人工関節センター)の是枝先生を当院にお招きし、整形外科に関する専門的な内容の講義をしていただきました。是枝先生は海外の技術も積極的に日本に取り入れ、日本の獣医療における整形外科エキスパートのうちの一人です。
今回の講義は股関節と膝関節に関するものでしたが、今後の診察に直結するとても勉強になる内容でした。
獣医療の整形外科では、人医療と大きく異なることが一つあります。
動物は喋る事ができないため「どこでぶつけた」・「どこが痛い」・「どのように痛いのか」を自分で表現できないということです。そのため、外科手術などの治療はもちろん大切ですが、ワンちゃんやネコちゃんの出す小さなサインも見逃さずにどこがどう悪いのか正確に診断するということがとても重要になってきます。今回得た知識を生かして、今よりも整形外科においてより高度で最新の診断技術を持って、皆さまに常に信頼していただける診療を目指します。
獣医師 津村 文彰
是枝先生

PAGE TOP ↑