せんなん通信

院内セミナー

2013.09.29

先日、アサヒペットクリニック院長、米地先生の第5回目のセミナーがあり、今回は後肢のレントゲンの撮り方についてご教授頂きました。
後肢の病気には、骨折や脱臼、靭帯の断裂などがあります。
これらの病気があると後肢を引きずったり、あげたりといった症状がみられるようになります。
これらの症状を主訴に来院された場合、身体検査を行うことで異常な箇所を予測することが可能ですが、診断をつけるためにはレントゲン検査が必要です。
しかし、レントゲン検査は適切に撮影しないと診断できないことが多いです。
下の写真は、セミナーを受けたあとに撮影したレントゲン写真です。
今回受けたセミナーを生かしながら、これからも適切な撮影ができるように心がけていきたいと思います。
横井いちみ0002
横井いちみ0001
おせち

PAGE TOP ↑